incubation inside について

立ち上げにあたっての想い

“日本企業が「新規事業開発の力」を備えることで、
企業を起点としたイノベーションが、社会に次々と生まれていく”

それが、私たちが創っていきたい社会の在り方です。

どんなに長い歴史のある大企業も、
その始まりは「たった一人の起業家」が始めた、ベンチャー企業だった。

どんなに大きな基幹事業であっても、その始まりは「たった一人のサラリーマン」が始めた、社内スタートアップ・プロジェクトだった。

すべての企業は、必ず中から革新を生み出せる。
すべてのサラリーマンは、必ず社内起業家へと覚醒することができる。

私たちはそう信じて、日々活動をしています。

しかし、新規事業の創造とは「正解がない仕事」だからこそ、
得てして、孤独で、常に不安と苦悩、焦燥感がつきまとうもの。

そんな数々の苦悩によって、心に灯った火が消えないように。

寄り添い、新しい気づきを与え、同志がいることを伝える、
全ての経営者と社内起業家を応援するための場所として
「incubation inside」を立ち上げました。

この場を通して、日々チャレンジを続ける皆さまの一助になれれば幸いです。